• デザイナー
  • カラーチェックしながらデザインする人
集合デザイン

パッケージの作り方には、商品が売り場で注目を集めるようなデザインにしたり、箱を輸送や管理がしやすい形にしたり、包み紙などの素材のコストを抑えたりといった様々なポイントがあります。

似たような商品がたくさんある中から選ばれるために見た目は大切な要素ですので、ヒット商品を生み出すパッケージの作り方においては、企業のブランディングを意識して、テーマカラーを強調したりロゴマークの配置を検討するなどの工夫が重要となります。

パッケージの話題性
パッケージデザインは世の中に色々出回っていますよね。単に情報やメッセージの伝達手段の役割を果たすだけでなく、お菓子のものなどは特に、キャラクターを中心にしたものなどかわいいものも多かったりして話題性をよんだりします。

パッケージの印象で売上が伸びることさえしばしばあるので、より消費者の気持ちに馴染みやすい商品制作が問われるところだと思います。デザイナーは、より話題性に富んだものを考えることが大事になります。

セブンアップ

パッケージとは商品を包装したもの、もしくは包装した商品そのものをさします。

商品を運搬する際傷つかないように保護するため、フィルムや包装紙で包んだりと様々な形状があります。

現在ではその品質の保護の目的に留まらず、商品や企業の顔としても機能しています。

企業によって特徴的なデザインを用いることでその他の企業の商品と差別化し、商品の価値を向上させるなど、ブランディングする意味でも大きな役割を果たしています。

デザインの必要性
デザインというものは、社会にとって必要不可欠なものとなっています。最も分かり易く、触れる機会の多いものとしては、商品のパッケージ、宣伝ポスター、チラシなどがあります。

これらは、見る人に「この商品やイベントはどういったものです」という事を伝える役割を持っています。例えば、店頭に置かれた商品の箱にただ商品名だけが書かれていたりしたら、消費者はそれが一体どういった物かが解りにくくなってしまいます。このように、物事を相手にアピールする為など、デザインの必要性は非常に高くなっています。

幾何学調

デザインの必要性は、ある商品の魅力をお客様に伝えるためにパッケージとして、商品と一体化して、その商品の付加価値を高める手段として利用されることです。

また、デザインはある商品の魅力を高めお客様の興味や関心を惹きつけることによって売上収益に貢献することが最も重要な役割として期待されています。

そのため、ある商品を開発して、本格的に売り出すには長期的な販売促進やキャンパーンなどを通じて、商品がお客様に愛されご愛顧頂くまでがブディングのためには重要となります。

デザインの手法
デザインの手法は、求められる価値観に基づいたものとなります。たとえばパッケージの場合、顧客の求めるブランディングを反映させたものとなるわけです。

そのデザインを目にした時に、企業のブランドを思わせるようなイメージを与えるような効果をもたらすように心がけることになります。この絵柄や模様はこの企業を連想するといった効果を与えるものになります。そのためにデザイナーが企業のイメージを具現化するという作業となります。

オススメリンク

企業にとってとても大切なブランディングをお任せするならこちらの業社がオススメですよ。顧客との接点をより近くすることによって利益に繋がりますよ。

カレンダー

2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ